AI TOKYO

藤田 奈桜

美容師歴:6年目
中途入社

藤田 奈桜

『本当にやりたい事が実現したのか?』

Q.入社の経緯を教えてください。

私が入社した理由は先輩の紹介ですね。 先輩と鎌形さんが知り合いだったのでそこから紹介していただいて AI TOKYOで働きたいと思ったのがきっかけです。 名古屋店ができるというお話も聞いていましたし、 今までは作り上げられたサロン環境で働いていたので、 それはそれで良さもありましたが、 自分たちで新しくレディースサロンを作り上げる楽しさも 味わいたいと感じたので入社しました。

Q.メンズサロンイメージが強いAI TOKYOだったのになぜ入ったのでしょうか?

チャレンジ精神はあったと思います。 あとは先輩の知り合いだったので信頼がありましたし 鎌形さんと直接話してみて面白そうだなと感じたからですね。 確かにメンズサロンの印象は強かったんですけど レディースメインのサロンも作っていくと聞いていて 自分が0から店舗を作り上げる経験もやってみたいと思って 楽しそうだと思い、飛び込んでみたという感じですね。

インタビュー画像

Q.前社との環境の違いはいかがでしょうか?

環境の違いはすごいですね笑 前職と違って作っていく途中段階の部分もあるので、 難しいところは結構多いと思います。 土台を作っていく部分などは幹部の方ももちろんですけど、 大変そうだとは感じますね。 ただ自分たちの理想を作り上げていける部分はやっぱりメリットだなと感じますね。

Q.教育面に関しての違いはいかがでしょうか?

前職と比べるといい意味でも悪い意味でも自由なところがあるとは感じます。 前職はガチガチのカリキュラムで、 毎日練習するのが当たり前のような環境でした。 私がアシスタントの時代は正直練習をする事が 辛かったという思いもありましたがその環境も 今となっては自分のためになる良い環境だったとは思います。 ただ、時代にあった練習の組み方みたいなところも必要なのかなとは 感じています。アシスタントでも好きなタイミングで 休みを取れたり土日休みでも許してくれる環境はあるので 有給とかもとりやすいですし、旅行などにも行きやすいですね。

Q.理想とする働き方はあったでしょうか?

もともと地元で働きたいなという思いはあって、東京で一流の技術を学んでから 地元の名古屋で技術を活かして働きたいなと思っていました。 今はメインでは東京で働きながらも、1ヶ月、2ヶ月おきに定期的に地元で 働くことができるのですごくありがたいなと思っています。 実際、地元に店舗がない美容室では実現しない環境なので。

インタビュー画像

Q.実際に名古屋で働けていかがでしょうか?

自分の東京で学んできたことを地元や地方のお客さんに提供できることは とてもいいなと感じています。 自分の目標であった、東京での技術を身につけて地元で施術したいという 思いも叶ったので嬉しく思っています。 今後全国展開していく中で、さらに働ける場所が全国に広がっていく可能性 もあると思うので楽しみもできました 他に働きたい場所はあるか 沖縄と北海道で働きたいなと思います! 是非店舗ができたら、嬉しいなと思っています!

Q.他に働きたい場所はありますか?

沖縄と北海道で働きたいなと思います! 是非店舗ができたら、嬉しいなと思っています!

インタビュー画像

Q.AITOKYOのいいところはどこですか?

フレンドリーで楽しくサロンワークができるところですかね スタッフ間も仲が良くて距離が近くてフレンドリーです。 他の店舗のスタッフとも交流などをする機会も会社で作ってくれますし 幹部の方にも気軽に相談しやすい環境です。 全体的に会社内でのコミュニケーションは取りやすい環境だと思います。 あとは撮影、カメラマンを呼んでの撮影などをやりたいと思っていて、 会社でも費用を負担してくれるので、 撮影なども気軽に行える環境になったので楽しいと感じています。