AI TOKYO

堀江優

美容師歴:7年目
中途入社

堀江優

『幹部、店長ってどうなの?』

Q.店長になるまでのキャリアを教えてください。

実は最初の店舗ができた時に 店長に立候補しましたが、 最初は店長にはなれなかったんです。 正直悔しかったですね笑 けど結果なので仕方ないし 立場が店長ではなくても お店を引っ張りたい気持ちは 変わらなかったので 自分の中で僕にしかできないことを 沢山考えるようになりました!! まずは大前提、美容師として 僕にしかできない事をただひたすら やりまくろうと初心になり 毎日撮影、毎日投稿、練習やお客様に向き合う姿勢、今まで以上に意識して全力で取り組みました!! 『俺がAITOKYOを引っ張っていく』 という思いは誰よりも強い自信があったので その心さえ忘れなければ立場なんて関係なく やっていけるんですよね!! 美容師としても人としても 僕が直向きな姿勢でやり続ければ みんなの道標にもなるし、 夢を見せてやり甲斐を感じれると思って 自分のためにもお客様のためにもスタッフのためにも全ての想いを背負いながら 日々過ごしてきましたね。 そこでAITOKYOが拡大するタイミングで 鎌形から『渋谷店の店長はお前しかいない』 ということで任されたという流れです。 誰しもが目標や夢を追い求めるなか 本気で毎日意識して、突き進めば 必ず叶う事ができるので 諦めないことが大事です!!

Q.入社した時に意識してきたこと

自分の思いとして店長になりたい気持ちはありましたが 正直なところ僕は売上ワースト一位だったんです笑 もちろん数字などで評価する訳ではないですが 一美容師としても結果は出した上で 引っ張っていきたいと当初から思っていました!! 『結果1番下から結果1番上を目指す』 お客様を沢山担当したい美容師なら 誰しもが目指すTOP。 売り上げが全てでは無いのですが 沢山のお客様の笑顔を見たい! 沢山のお客様に求めてもらいたい! その月々に来店していただいた 総客数などはかなり意識していました!! 今となってはAITOKYOでも 店長×ディレクターもやらせていただき 少しばかりは成長できたかなと思いますが でもまだまだなんです!笑 こっからもっとぶっちぎっていきたいです!!笑

インタビュー画像

Q.幹部になって意識を変えたところ

責任感の部分が大きいと思うんですけど自分が店長として幹部として 自分自身を見ていくフェーズは終わったかなと思っていて、 店舗を任せてもらっている最高責任者としてこのお店を背負う覚悟を感じているので、いいこと悪いこと一つ一つに対し自分の責任として 考え方が変わったと思います。 いい意味でも店舗のトップとして 僕が下を向いたらみんな下を向いてしまうので 自分か率先して前を向く、行動する、改善していくような意識を 常にもつようになりました。

Q.AI TOKYOってどんな場所?

AITOKYOでは高いレベルの美容師になってもらえる環境がありますし、 これからもさらに磨きをかけていきたいと考えています。 技術はもちろん、接客など、全ての項目に関して 本物のプロになれる場所を作っています。 そしてスタッフ一人一人が何事にも挑戦すること、やりたいことにイキイキして取り組める、自信が持てていないことに積極的にチャレンジできる環境を作っています。

インタビュー画像

Q.新卒の方が成長できるような環境を作るために意識していることはありますか

一対一の定期面談などを行っております。 その際にも一人一人と心から向き合うことを大事にしていて、一人一人のよさ、 悪いところもしっかりと見て、それぞれにあった成長方法を提供しています。 トップだからと言って、上に立つだけでなく目線を下げた考え方も持ちたい と思っていますし、後輩とも同じ目線も持って、対等に向き合っていけるような 環境をつくることを意識していますね。

Q.どんな人と一緒に働きたいと思うか

色々あるとは思いますが、夢があって、自分のために頑張れるし 周りのためにも頑張れる。そんな人と働きたいなと思いますね。 あとは美容師として働くわけなので、美容師を楽しんでその先になりたいものに迎えるような気持ちを持っている方と働きたいと思います。 働いていていろんな大変なことがあると思いますが、美容師でしか感じられないものもあると思うので。 一つ一つの物事への感謝を忘れない方、笑顔でハッピーな方だと最高っすね!

Q.今後の目標

それこそ僕の目標は会社の目標と同じようなものにもなっていると思います。 幹部として責任者として何百人もスタッフを抱えられるような美容室を作っていく 店舗を統括して、ブランディングなども行い、 AITOKYOの美容師としてみんなが楽しくて 最高な場所を築けるような会社にしていくことが目標ですね!

インタビュー画像

Q.個人としての目標

美容師として幹部として色々と任せていただいていますが 自分の子供がパパの美容師姿を見て美容師になりたいなと思ってくれるような 存在になることが目標です。 自分をみて美容師を目指してくれたら嬉しいなと感じますね!親バカですので笑